いろんな出会いから日常の小さなことまで感じたことをつづっております。

今年もあと一カ月を切りました。

1年て本当にあっと言う間ですが、今年1年を振り返ってみて

行き場所の無いお骨の合祀墓へのご案内が増えました。

つまり、お子さんがおられなかったり、居てもずっと音信不通、又はいろんな事情で幼いころに別れたきり、関わりたくないとお骨の引き取りを拒否される、など事情はさまざまです。

私たち双樹がお話を受ける時は、たいがい施設の職員さんからのご相談です。

職員の方がまず親族さまとご相談し、ご家族のお気持ちを聞いてから双樹の方へ来られます。

いろんな家庭の事情はあるとは思いますが、このようなご相談が増えた事に現代社会の家族の形を考えさせられます。

今後、もっとこのようなご相談は増えていくでしょう。

お墓のお悩み

葬儀の費用が・・・というお悩み、

家族のお悩み

なんなりと、お話しにきていただければと思います。

「伊丹斎場前ホール歩」の中に双樹の事務所もございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。