いろんな出会いから日常の小さなことまで感じたことをつづっております。

仕事でほぼ毎週、ご高齢のご夫婦のお宅を訪問しています。

奥様はテキパキと家事をこなすような方で、家の中はいつもきれいに片付いています。

お話しされるのもお上手で、楽しくいろんな事を話してくださり、勉強になることもたくさんあります。

 

以前書きましたが、傾聴を勉強してから

話しをする際、相手の“気がかり”について考えるようになりました。

誰かと話したいという心の内には誰しも“気がかり”がある。

 

そう思いながら聴いていくと、楽しい話しの中にも不安、心配、気になっていることが入っているのを感じます。

聴くことを続けていくと、それははっきりと見えてきます。

私はまだまだ勉強不足ですが・・・

 

ほぼ毎週のように伺うご高齢の方は、とても楽しくお話ししてくださる方なのですが、

傾聴を勉強してから、そのお話の奥に寂しさや不安を感じるようになりました。

 

話しを聴いてもらうというのはとても大切な事だと、改めて感じます。

そして、良い聴き役になるということはとても難しいことです。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。