いろんな出会いから日常の小さなことまで感じたことをつづっております。

仕事柄、たくさんのお葬儀に携わります。

 

今、葬儀の紹介サイトを通しての葬儀を受ける事が多くなっていますが、

私の携わっている葬儀社でもそのためのトラブルは時々耳にします。

先日も紹介サイトを通しての葬儀がありました。

葬儀の内容は通夜を行わない一日葬。

料金は、早割り対応で30万円ほど。

参列者は25名ほど。

葬儀社のスタッフが紹介サイトから受けた時の内容はこのような事だったそうです。

家族様と打ち合わせをすませ、準備をし、葬儀当日。

参列した人数はご近所の方々が来られ、なんと50名ほどだったとのこと。

 

ここに、やはり間にワンクッション入る難しさを感じます。

紹介サイトにお客様が連絡した時、その担当者とどのような会話がされたのか。

お客さまはプランの内容をしっかり把握して申し込まれたのか。

 

葬儀社も打ち合わせにお客様と対面した時、

プランの内容について把握していらっしゃるのか再度確認しなければいけないということになります。

 

今回、スタッフがご家族さまと打ち合わせをした際、参列する親族の人数について

は伺ったとのこと。

スタッフは紹介サイトから教えられた内容から当然一般の方が参列しない親族のみの家族葬として準備を進めました。

 

そもそも、紹介サイトの広告にはどのように書かれているのでしょうか。

広告を読むと、書いてありました。

しっかり小さな字で『30名様程度まで』

しかも、プランの料金はすべてが家族葬としてのプランです。

 

回覧を回してご近所の方々にも来ていただくようにするならば

プランの内容も変わってきます。

葬儀社は予定の人数に合わせていろんな準備をします。

料金もそれにより大きく変わってきます。

なので、極力葬儀費用を抑えたいお客さまには、亡くなった事をお知らせする範囲に

充分気をつけるように話します。

または、『家族葬なので』と、参列されるのを丁重にお断りしていただく。

直接お客様から受ける場合はそのような事を綿密にお話しするようにしています。

 

間に紹介サイトが入る場合、

最初の窓口でせめてプランの内容について理解していただくよう話してもらわないと後々トラブルの元になります。

 

葬儀当日、

予定の25名を大幅に超えた人数に当然充分な対応はできません。

結局、お客様とはぎくしゃくしたまま葬儀は終了します。

 

葬儀社は紹介サイトに紹介手数料を払い、

葬儀社に入る料金は8割も無いくらいでしょうか。

 

なによりも、しっかり打ち合わせが出来てないということが一番の問題です。

 

紹介サイトを通じての葬儀のトラブルはたびたび耳にします。

大手だと宣伝効果は大きいので仕事はたくさん入るでしょうし

そこからまわしてもらうのは仕方ないのかなと思いますが、

どうしてもお客様との関係は希薄になります。

 

紹介サイトを選ぶ理由にはいろいろあると思います。

料金を上乗せされる心配がなく、安いという理由が大半を占めるように思いますが、

安いのにはそれなりの理由があるのです。

紹介サイトに申し込む前にできるならば葬儀社に予算を伝えたうえで、事前に相談することをお勧めします。

意外と紹介サイトの提示している金額と同じくらいの金額で、

しっかり打ち合わせをし、出来るだけお客様の要望に沿うよう

葬儀が行えるということもありますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。