いろんな出会いから日常の小さなことまで感じたことをつづっております。

少し前の事になりますが、

ご高齢の男性の葬儀のお手伝いをさせていただきました。

その方は生涯独身とのことで、お子さまはいらっしゃらず、

頼れる親戚の方もいらっしゃらないとの事で

亡くなった後の諸手続き、葬儀、納骨、埋葬に関する事務などについて

代理権を付与する『死後事務委任契約』を結んでいらっしゃいました。

葬儀も火葬のみの直葬で行われ、参列する方は

当職員のほか誰もいらっしゃいませんでした。

お骨は合祀墓への埋葬となりました。

 

契約を結んでおられる方は司法書士の方でしたが

その方のお話しによると、そういう方は増えてきているとのことです。

自分が亡くなった後、ずっと親交の無かった親戚に迷惑かけたくないという

思いや、色々かき回されたくないという思いがあるのかもしれません。

 

寂しい亡くなり方だと感じる方、

いさぎよい亡くなり方だと感じる方、捉え方はさまざまあるでしょうが、

いろんな葬儀を経験して、やはり見送る人のいない

葬儀はなんとも言えず、悲しくなります。

 

私共 双樹では

このような方のご相談も受け付けております。

頼れる身内が居なく、どこに相談したらいいのか分からないという方、

一度お話しください。

070-2303-8341 (担当:田中)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。