いろんな出会いから日常の小さなことまで感じたことをつづっております。

7.2①

まだまだ 勉強不足で

いろんな場面で いろんな事を教えていただいてます。

 

自分もこれまでの仕事の中で

教える側に立つこともありました。

その立場でいつも気をつけていたことは

これから覚えるかたが いつでも なんでも

聞ける環境にしておかなければいけないということでした。

威圧感を与えるようでは 教わるほうが委縮してしまい

覚えなければいけない事も頭の中に入ってきません。

最初は常にこちらから声掛けし、ひっぱりまわすくらいに

常に一緒に行動していました。

 

今、教わる側に立って

改めて 教えるということの大切さを実感しています。

 

そういう中で、

『この方はいろんな意味で本当のプロだ』

と思える方に 今教えていただいています。

大事な箇所は ゆっくり丁寧に

不安に思っていると ぴったりと寄り添って 教えてくださいます。

何を聞いていいのかすらわからない状態の私に

常に寄り添って教えてくださる姿に本当に感謝しています。

 

教わる側の能力は千差万別で、それに合わせて指導するのは

ほんとうに難しいし、教える側に立つ人も

忍耐力が必要と、改めて感じています。

 

今 忙しい時間を割いて教えて下さる方に

感謝の気持ちを表す意味でも

頑張っていかなければと思っています。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。