いろんな出会いから日常の小さなことまで感じたことをつづっております。

このお仕事をさせていただくようになって

当然ですが、いろんな葬儀の場面に出会います。

 

自分の身内の葬儀はもう15年以上前になります。

通夜、葬儀、告別式と行い 親戚一同供花があり、一般的な葬儀でした。

葬儀というのは、こういうものだと思っておりました。

今は 多種多様な葬儀の形があります。

 

祭壇もさまざまで、昔のような白木祭壇

saidan_03shiraki

は あまり見なくなり、花祭壇が主流です。

koya670

いろんな花祭壇を見ましたが、

やはり お花の力は大きいです。

ほとんどお花のない質素な祭壇はさびしく

式自体もさびしく感じます。

 

豪華な祭壇ならばいいとか、そういうことではなく

大切なのは、送る人たちの心のこもった内容であること。

 

いろんな葬儀を見て感じました。

 

悲しみや苦しみを和らげ、生きる力に変えていくには

葬儀の在り方というのは 大切のように思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。